スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母と娘のハネムーン3日目 
3日目 天気 やや曇り

週間予報では八重山地方は私たちが滞在中ずっと雨
ですが今までのところ1回も雨が降っていません。ラッキー!

滞在中ずっと雨だったら、、、と思って心配だったんだけれど
ヘルパーさんも「ここでは天気予報は当たりませんよ~」と言っていたので
天気がいいときに全部やっておかなくちゃっ。

私→ 6時起床
ムスメ→ 7時 起床

朝食が8時と遅めなので、あんまりムスメに早起きされたら困るなぁと
思い、6時に目覚めてしまった私は暗闇の中でコソコソ顔洗ったり着替えたり
部屋の片付けをしたりしてたところ、7時に起きてくれたので
そこからムスメの顔を洗ったり着替えさせたりなんかして、残りの時間はお散歩。

竹富島の朝では白砂の道をお掃除するほうきの音があちこちから聞こえます。
前日に観光客が自転車で通った後をきれいにならしたり、
花がらや落ち葉を掃くのです。

こんな風景を見られるのも竹富に泊まる醍醐味。


09042207.jpg
      泉屋さんの入り口                朝食

朝食後、その日帰るお客さんにおばぁが紅型の衣装を着せてくれます。
友達になった子たちが着てるのを見とれてたら
「着る?」と言われたので天気がいいうちに!と私も着せてもらいました☆

ムスメ用におばぁがハイビスカスを切ってくれたのに、おばぁを見て泣くムスメ・・・(T T)
仕方なく頭のてっぺんに乗せてもらってパチリ~。

09042206.jpg

その後、泊まってる方にもらったサーターアンダギー(竹富では”さたくんこう”)を
食べてから、またぶらぶら~。


09042205.jpg
     なごみの塔        栃木のキジムナー


いよいよ初めての海へ!
海で泳ぐにはちょっと寒いかな、という感じの天気。
だけどせっかくだし、どうせ水遊びになるだろうからムスメも私も下に水着を着て
自転車でコンドイ浜へGO~!

まだ10時。人もまばら。

あぁ、きれい・・・!! 何度来てもやっぱりきれい(*´艸`)!!

ムスメは、、、、大きすぎて、、、(゜o ゜)ポカーン


固まってました。(^_^;)
海だよっ!ほらっ!広いね~!!
というと、おそるおそるという感じで波打ち際まで行って
足でじゃぶじゃぶ!したり、手で砂をすくったり、だんだんエンジンが
かかってくると波と一緒に行ったり来たりして走って遊んでました。

これこれ!この風景が見たかった~

ワタクシ、感無量です!

09042203.jpg

泳げなくもないけど、海に水着で本格的に入ってたのはムスメくらいで、
大人は膝まで裾をまくって、沖のほうや中州まで歩いてました。

季節的に那須でビーチグッズを買いそろえるのは難しかったので
水着はヤフオクで、ポンチョはバスタオルで手作りしました。
持ってきてよかった!

09042204.jpg

11時半くらい、石垣からクミさんとリョウくんが遊びに来てくれました。
車エビのそば目的で「やらぼ」に行ったんだけど、エビそばは3月までだった・・・_| ̄|○ ガクッ

仕方なく八重山そばとフーチバージューシーを食べました。
ここのジューシーはボロボロジューシーでした。
まぁまぁかな。

t09042201.jpg

その後ぶらぶらしてるうちに、ムスメが眠くなってきたので別れて宿に戻りました。

ここから3時間は私のフリーーーーーターーーーーイム!!!!


自転車で風になりました。


遠くに行くのはやはり気になるので、15分おきくらいに宿に寄って様子を見ては
また徘徊。そのくり返し。
結局、夕方私が疲れて宿に戻るまで寝ていてくれました☆

t09042202.jpg
   即寝~! 海で疲れたかな?      夕食天ぷら~

この日は新たにカップルが2組宿泊してました。
それと、なんと超地元が近い女性もひとり!
温泉旅館の若女将さんなので、「帰ったら行きます!!」と約束しました☆

スポンサーサイト
母と娘のハネムーン2日目 
AM7時起床(いつも通り!)

t09042005.jpg

今朝はちょっと豪華にホテルイーストチャイナシーの朝食ブッフェ(\1350位)に
行くことにしました☆
妊娠中にここで泊まったとき、景色もよく料理もおいしかったので。

ホテルまでお散歩。朝の港、気持ちいい!
ムスメはあちこち指さし声だし確認。

t09042006.jpg
 「ニャオー」←シーサーは猫らしい。      「ボーボー(船)!」


t09042003.jpg

ムスメ抱えてブッフェ。(←根性)

お腹いっぱいになり、その後ぶらぶらしながらホテルまで戻り、片付けをして
10時15分頃にチェックアウト。
10時半にお友達のクミさんに迎えに来てもらって宮良へ。
クミさんとのトークに夢中になってたら、ひざの上でムスメ就寝しました~。
5年前ヘルパーで働いてた場所で、おばあとご主人、ご主人の弟さんと再会。
前回はまだまだ小さかった次男くんもすっかり大きくなってお兄ちゃんにそっくりに。
真っ黒で小さくても立派な島人!!
なじみの家でゆっくりお話してから、宮良の食堂(名前忘れた)でランチ。
やっぱり地元の人が行く食堂は安くてボリュームがあっていい!!

宮良で「宮の鶴」1升瓶2本をオットのおみやげに買ってそのまま郵送。
あ~、これで安心。

t09042004.jpg
             くーちゃんも元気でした☆

宮良を後にして、昨日ろくにお買い物できなかったのでその続き。
塩とか八重山そばとか紅芋タルトとか塩せんべいとかもう買い飽きたので
なにか目新しくていいもの~と考えた結果、
コンビニで買っておいしかった「
ちんすこうショコラ(ミルク) 袋入り
」。ちんすこうは苦手だけど、これはウマい!!
友達に配る用にたくさん買いました。



それからロイズ石垣島の黒糖チョコレート。食べたあとにじわじわくる黒糖のまろやかさとコク。
おいし~!!他にも「塩チョコ」あったので食べてみたかったです。

公設市場の上にある「なかなか家」さんで、自分とムスメとオットに
かわいい~Tシャツを購入。ここ、ツボなんだよね~。
沖縄や石垣の作家さんの手ぬぐいとかポストカードとかたくさん置いてあります。


t09042002.jpg
    つ~か~れ~た~

ホテルに戻って預けてた荷物を受け取り、港へ。
前は八重山観光フェリーと安永観光のチケットどちらで買ってもどっちの船にも
乗れたのに今はだめみたい。
15時半の八重山観光フェリーに乗って竹富島へ!!
高速船乗る前にムスメ、爆睡。orz

竹富島の港に3泊予約している「泉屋」さんのお迎えがきてました。
そのまま私たちの泊まる離れに到着。
泉屋さん。
竹富に来る度にブーゲンビリアが咲き誇る泉屋さんに泊まるのが憧れだったので
すごくうれしい♪
子連れは自動的に離れに宿泊することになるんだけれど、母屋まで徒歩2分くらい。
クチコミを読んでてちょっと不安なこともあったけど
実際すごくよかったです。
水牛観光出発所のすぐ横にあり、ムスメは部屋を出る度に「モー!!」と牛を指さして
喜んでました。
まだムスメは人見知りをしたし、母屋では泣いたりダダこねたりしたら
全部屋に筒抜けな感じ(しかも長期滞在中の老夫婦がほぼ一日中部屋にいた)だし、
廊下も歩くときしむので夜中に飲んで帰ってきた子が「気を遣った」と言っていたので
離れでとっても安心しました。

部屋はいたってシンプル。
空気清浄機、コイン式のエアコン、扇風機、小さなテレビ。
滞在中は扇風機だけで十分でした。

離れは民家みたいなので、住んでる気分になれます☆

夕飯まではレンタサイクル(子供用の椅子付き)で
島一周サイクリングしました。

朝ご飯は8時、夕飯は6時。母屋でみんなでいただきます。
またこれがおいしくてボリュームもすごいです!!
母屋でゆんたくはできないけれど、この夕飯時毎日変わる旅人との
出会いがとても楽しかったです。

t09042007.jpg


夕飯を食べてからみんなでぞろぞろと西桟橋の夕日を見に。
t09042001.jpg

さらさらの砂浜に夢中で全然夕日を見ないムスメでした。(^^;)

ムスメ1歳・母と娘のハネムーン♪ 
ムスメ、1歳4ヶ月。

ムスメとべったり一緒に過ごせるのは今だけだ~と感じているので
あちこちムスメとふたりで出掛けたいと思っている常日頃。

卒乳して割となんでも食べ、歩けるようになり、
生活リズムも整ってグズることがなくなり、
体調もよく、まだ抱っこできる体重、GW前の旅費が安い時期で
旅先も空いていて、気候もいい、
という条件がそろったため
去年1年我慢した沖縄旅行へムスメとふたりで行くことにしました~!!


なにより、私が沖縄に行きたい病、発病中。

行き先は、、、

竹富島♪


私の住む那須→東京(羽田)→沖縄(那覇)→石垣→(フェリー)→竹富島
遠っ!

なぜオットにお留守番してもらうのか?
それはただ単に旅費が安い時期に行けるってことで^^;。

沖縄といっても私の行きたい離島は一人分でも4泊5日、6万円はするので
これくらいの値段をかけるのならオットとは海外に行きたいのです。

オットの貴重なお休みと旅費(今回は自腹)は家族旅行に向けて
とっておくことにしました。

「こどもとふたりで?!」と驚く人もいて、正直ちょっと不安はあった
(飛行機で泣いたらどうしよう、とか旅先で発病したらどうしようとか)
けれど実際全然問題なしでした☆


というか、すっごい楽しかったです!!!

大好きな場所に癒されたし、ムスメに初めての海(しかも竹富の海!)を見せれたし。
一人旅の醍醐味「一期一会」もあったし、ムスメがいたからこそ出会えた人も
たくさんいました。

子連れ旅行は「あんな小さな子連れて・・・」と眉をひそめる年配の人もいますが
昔と違って駅や空港、その他公共施設でも子供向けのサービスが整っているし
オムツや食べ物飲み物だって手に入るので、負担をかけず子供も楽しい旅行が
できると思います。

第一、子供が楽しそうじゃなければ親だって楽しめないですよね。
毎日子供と一緒にいて、子供のことが一番よく分かるママが
「旅行に行ける!」と感じれば「行ける」んです。

実際、ムスメは新幹線でも飛行機でもすっごく楽しそうでした。

きっと、日頃家事に夢中であまり遊び相手ができていないので
いっぱい抱っこしたり、いろんな景色を見ながらおしゃべり?したり
できたからかな。

■気をつけたこと
・土地勘のある場所に行く。
 自分自身がゆっくりするためには勝手の分かる場所が一番!
・生活リズムをいつも通りに。
 ねんね、ご飯の時間、おやつの時間をいつも通りに。
・荷物はほとんど送る。
 オムツだけで箱の半分占領。(竹富島では入手困難)
 いろんなケースを考えて服は長袖半袖ノースリーブ各種数枚、食料、おもちゃ、
 バスタオル(民宿なので)などダンボールに詰めたら「夜逃げ?!」って感じの
 すごいことになりました^^;
・体温調節、水分補給などに気をつける。
 マメに上着を脱ぎ着させたり、水分補給してました。




続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。