スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の住むところ 
お彼岸。


友人の結婚式に出席するため里帰りしました。


駅で父と母のお迎えを待っているところ。

目の前には夜の帳をバックに
くっきり浮かび上がるJRセントラルタワーズ。


060092301.jpg



この足元からたくさんの人が旅立ったり、帰ってきたりする。
いろんな思いを乗せて。


名古屋駅に設置してある私専用、心の定点カメラは
重ねる時を確実に映し、今回もまた。





翌日お墓参りにひとり出かける。

あちこちで彼岸花が咲いているけれど
どんどん上昇している気温と青い空は夏のよう。


あちこちでお線香の煙が昇り、
たくさんのお墓参りをする家族でにぎわっている。

わたしの大おじいちゃんや大おばあちゃんたちが眠るお墓は
前日来たおじいちゃんたちの手でキレイにお掃除されてピカピカだった



毎回毎回来るたびに、ここに眠る先祖を思う。
私のルーツ。
この人たちがいてくれたから、今私が生きているんだ。
いずれ、祖父や祖母が入り、父や母も入るだろう。


私は三姉妹の真ん中で、長女はお嫁にいった。
三女も近々お嫁にいく。

私たち3人がこのお墓に入ることはおそらくない。


そのことに関して、生きている家族の気持ちを考えると
心が締めつけられて仕方ない。


色々打開策を練ってはみたけれど、どうにもうまくいかなくて
今になった。



お墓を前にして、謝罪。



じっとお墓の今の自分と同じ苗字を見つめていると
ふと
「私と同じこんな思いをして他のお家からお嫁にやってきた
おばあちゃんたちもいるんだな」と思い始めた。
そのご先祖さまの辛い思いがなければ私はなかったんだ。

そうか。
今まではあとのことばかり考えて憂えていたけれど
同じような思いで来てくれた祖先もいるのだ。
そう考えたら気持ちが少しだけ晴れた。



向かう先には決して分からないこの気持ち。
でも私は絶対に忘れないから!!


それを誓って、この名字最後のお参りを終えた。



記念撮影。
お墓って載せてもいいのかな?
うーん。でもキレイに撮れたから載せちゃえ。
お母さんから苦情がきたら消そう。







06092302.jpg

スポンサーサイト
マッリジブルー? 

なんだかすごく悲しい。

なにがってわけじゃないけれど、無償に悲しくて
涙が止まらない・・・。

なんでだろ?

私にはやりたいことがたくさんあって
行きたいところもたくさんあって
住んでみたいところもいくつもある。

でも、結婚したらもちろん
ある程度自分勝手な行動はできなくなる。
当たり前だけれど。
それも覚悟しないと、結婚する資格はないと分かってる。
制約される分、結婚ならではの素晴らしいことも
たくさんあるだろう。

そこがまだうまく整理がつかないのです。。。

彼は、こんな人いないってくらい
私に理解を示してくれてるし、理解しようと努力してくれて
るし、その上で応援もしてくれているのに。。。

あー自己嫌悪。

まだ姓の問題も解決できていないというのに。

そんなとき、義兄さんからお祝いメールが届いた。
義兄さんはとても朗らかで優しい。
お姉ちゃんは頭がいいし、落ち着いている。
とても仲がいい夫婦だ。
義兄さんは
「おめでとう、式楽しみにしてるね。
 家族が増えて嬉しい。
 なにか役に立てることあったらいつでも言っておいで。
 今度ごちそうしたいから二人で
 こっちに来るときがあったら教えて」
というメールだった。

すごくうれしかった。
義兄さんと家族になったすばらしい偶然。
そしてまた彼も私の家族となり
私も彼の家族となる。

こういう喜びなのだ。
他人であるはずの人と家族という絆で新たに
つながり、どんな喜びも悲しみも共有していく大切さ。
これから助けられるだろう。
そして助けになるだろう。

自分の存在の意味は
ひとりで人生を満喫するよりもこういうところに
意味があるのかもしれない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。